自己破産のデメリット

自己破産とは?

自己破産とは?

債務整理の中でもっとも借金の状態が悪い場合に適用を検討するのが自己破産ですが、この方法で借金整理をする場合は既存の借金をすべてリセットすることができる反面、デメリットについてもかなり多くあるので注意しなければなりません。

 

自己破産のデメリットとして言われるのは財産が没収されてしまうことで、預貯金はもちろんのこと住宅や車なども対象となってきますが、他にも高価な資産がある場合は対象になってしまいます。
ちなみに自己破産の目的は既存の借金を無くして新しい生活を始めるためのものであるため、自己破産をしたからといって人権が認められないということも無ければ、最低限の生活は法によって約束されるので身ぐるみすべてが没収の対象にはなりません。

 

 

自己破産をすることのデメリットは他の債務整理に比べると借金を返済しないということが前提にあることから致し方ないことでもありますが、実際に自己破産をして新しい生活をスタートさせて上手くいっている人もたくさんいます。
最近はカードローンの利用が便利になっていることもあって無計画にお金を借りて返済することができなくなる人も増えていますが、安易に自己破産を考える人も少なくありません。

 

 

もちろん自己破産は借金を返済することができなくなった人のために作られている制度であるため、借金の返済が難しくなった場合に選択肢として入れることはよいのですが、それに対するデメリットをきちんと知ることも大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ