自己破産のデメリット

闇金に情報が漏れる可能性があるデメリット

闇金に情報が漏れる可能性があるデメリット

自己破産をするとブラックリストに名前が掲載されることになりますが、本来であれば銀行や消費者金融、信販会社などが共有する情報となるので外部に漏れることがない情報であり、家族や会社の人が自己破産をしたことをブラックリストから知ることは通常だとあり得ません。

 

 

債務整理をすることのデメリットとしてもよく言われるブラックリストですが、金融機関はこの情報についても審査の基準に反映させているため、過去に金融トラブルを起こしたことがある証拠となるブラックリストは審査において非常に重要なものになります。
ちなみに債務整理をすることのデメリットとしてせっかく借金問題が解決したのに再び借金問題が勃発してしまうという問題がありますが、ブラックリストの情報が漏れてしまいそれを不法に入手した闇金から融資の連絡があってついつい手を出してしまってトラブルになるケースもあります。

 

 

闇金のネットワークは広いので債務整理をした後は闇金のターゲットになりやすいというのもデメリットになりますが、正規の金融機関であれば金融事故を起こした人に対して融資の話しを持ちかけることはないので罠だと察知する繊細さも必要です。

 

闇金は一度でも利用してしまうと借金地獄に陥ると言われていますが、もし何らかの理由で利用してしまった場合は早めに闇金弁護士のように専門的に案件を取り扱っている法律の専門家に相談をして速やかに問題解決を図っていく必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ