債務整理

そもそも債務整理って?

そもそも債務整理って?

高額な住宅を購入する場合や車を購入する場合に現金の一括払いが難しいという理由からローンを利用する人も多いと思いますが、ローンを利用することで分割による購入が可能になるので毎月あたりの負担額を減らして購入することができます。

 

また、ローンを利用する場合に借りたお金を返済することができない場合は債務整理という方法で借金の整理をすることができるようになっていますが、お金を借りる場合は返済することを前提に借りているわけなので返済できないという状況になってしまうのは良くありません。

 

もちろんいろいろな事情があって債務整理という選択をすると思うので一概には言えない部分もありますが、債務整理をすることによるデメリットもいろいろあるのでデメリットの部分を考慮してそれでも債務整理をすることの意味があるのかということまで考えなければなりません。

 

債務整理のデメリットとして共通しているのは再び新規でお金を借りることができなくなるという点ですが、ブラックリストに名前が入ってしまうので借りたくても借りることができなくなります。

 

また、安定した収入がある場合は他の方法で借金整理をすることができる場合もあるので、一つの方法だけに捉われるのではなく他の方法も検討することが大切です。

 

債務整理が必要になるような状況を作らないようにすることも大切で、お金を借りる場合はきちんと返すべきお金であるということを意識した上で返済に勤めるようにしましょう。

 

 

関連ページ

こんな種類があります。
債務整理を行う前に確認しましょう。デメリットだけでなくメリットも考えていろいろな角度から検討する事が大切です。【債務整理の種類】について。
ローンの仕組み
債務整理を行う前に確認しましょう。デメリットだけでなくメリットも考えていろいろな角度から検討する事が大切です。『ローンの仕組み』について
カードローン
債務整理を行う前に確認しましょう。デメリットだけでなくメリットも考えていろいろな角度から検討する事が大切です。カードローンと債務整理について。
ホーム RSS購読 サイトマップ