債務整理の種類

こんな種類があります。

こんな種類があります。

債務整理について

 

借金を法的に清算する方法として、債務整理があります。

 

この債務整理にはいくつか種類が存在していますが、昔は自己破産ぐらいしか存在していませんでした。

 

ところが、この自己破産以外の方法も選べるようになって、個人版民事再生いわゆる個人再生や、任意整理という個別に債権者に減額を依頼するやり方もとれるようになってます。

 

 

この債務整理ではそれぞれについてメリットとデメリットがあることから、債務者つまり借金をした人の状況に応じて選べばよいものとされています。

 

この債務整理では通常、弁護士または司法書士に依頼を行って対応をしますので、依頼先の士業の専門家とよく相談を行う事となるのが一般的です。

 

特に自己破産については、メリットとデメリットが大きく、借金をした理由が浪費に該当する場合には、この方法は選べません。

 

したがって、借金の理由が問われない個人再生を選択するケースが多くなっている状況です。

 

 

この債務整理では、いずれの方法を選んでも信用情報会社への登録はされます。

 

したがって、一定期間は信用情報会社に名前などの情報が掲載されてしまう以上、当分の間は借入がほぼ出来なくなってしまいます。

 

その点にも注意を払うことが必要です。

 

また、士業の専門家への相談については、誤った情報を伝えてしまうとその情報により裁判所等への申立書を作成しますので、その結果誤った情報が裁判所に届くこととなってしまいます。

 

後日、トラブルの元になり得るため、正確に伝えなければならないものです。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ