術悪ローンについて

住宅ローンについて

住宅ローンについて

住宅ローンと債務整理

個人が借りることができる金額の中でもっとも高額な部類になってくるのが住宅ローンですが、住宅を購入する場合は建物や土地などがかかり、総額で数千万円から数億円というのが相場になっています。

 

数千万円から数億円というお金を自分で用意することができる人というのはほとんどいないと思います。

 

これだけのまとまったお金を用意することは不可な人が多いことから銀行では35年程度まで組むことができる長期ローンを用意しているところが多くなっています。

 

住宅ローンを利用した場合に毎月コツコツ返済をしていても月々の負担額は10万円前後と高額な支払いになることが多く、金利が少し上がっただけでも支払いの負担は増大することから返済することができなくなり債務整理の流れになることがあります。

 

住宅ローンに対する債務整理のデメリットとして自己破産だと住宅を売却しなければならなくなり、個人再生においても住宅ローンに対しては適用できないルールになっているので債務整理のデメリット部分でもあります。

 

自宅を売却してまで債務整理をしてもデメリットは多く、中古の物件というのは自分が思った以上に売れないものなので、売却した後も借金が残ってしまうことがあります。

 

安定した収入があれば借り換えローンなどを活用して今よりもさらに金利が低い金融機関でお金を借りて住宅ローンの代替にするという方法もありますが、収入がない場合は売却か自己破産をすることが選択肢になります。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ