債務整理 事業ローン

事業ローン

事業ローンで

事業を行うためにはまとまった金額が必要になるので、銀行から借りている人は多くいますが、事業の規模が小さく個人事業の範囲内の場合に立ち上げてから期間が短い場合は金融機関側からの信頼性が薄いことから銀行では借りることができない場合があります。

 

その場合に個人名義で消費者金融のカードローンなどを利用するケースもありますが、事業として使用した場合でもそうでない場合でも借金をして返済することができなくなった場合は債務整理を適用して借金整理をすることができます。

 

しかし、借金を返済することができなくなったからという理由で債務整理をするデメリットは多いので十分に検討してから行動に移すかどうかと言うことを考える必要があります。

 

債務整理のデメリットとして新規にお金を借りることができなくなる点がありますが、お金を貸した側も過去に金融事故を起こしたことがある人に対して貸し出すリスクはかなり高いことからブラックリストに名前が載っている人に対してお金を貸すことはまずありません。

 

この場合は事業の為のローンだけでなく他のローンについても同様のことが言えますが、カードローンやフリーローン、マイカーローンなどのローンも利用することができなくなるのも債務整理のデメリットになります。

 

どのような理由で債務整理に至るのかという理由は人それぞれですが、日頃からきちんと借金の管理をしてお金を借りていれば借金返済ができないという状況にもならないわけなのでお金の管理をきちんとすることも大切です。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ