債務整理以外選択肢が無い

債務整理以外選択肢がない場合

債務整理以外選択肢がない場合

債務整理をする前にもう一度見直して!

債務整理のデメリットには新しくカードローンやその他のローンを利用してお金を借りることができないことや財産が没収されるなどのデメリットがありますが、自分が作ってきた借金であるため、返すことができないという理由で債務整理をするとそれ相応のデメリットがあるのは当然です。

 

しかし、債務整理に至るまでにはおまとめローンや借り換えローン、そして過払い金請求をして取り戻したお金で借金を返済する方法などもあるので、債務整理はできるだけ最後の手段として捉えるようにしましょう。

 

もし、債務整理以外の選択肢がない場合は本格的に債務整理による手続きを進めていくことになりますが、まずは法律相談事務所などに足を運ぶかインターネットでホームページから入って相談するところから始めましょう。

 

法律の専門家ということもあって信頼できるというイメージが強くありますが、中には悪質な法律の専門家もいるので、借金問題の案件を多く取り扱っているところや評判、レビューなどをチェックして信頼できるところに依頼するようにしましょう。

 

また、複数の金融機関から借金をしている場合は任意整理や個人再生だと件数が増えるごとに必要となる費用も増えてくるので、最終的にどれくらいの金額が必要になるのかという点についても調べておく必要があります。

 

費用の支払いが厳しい場合は分割払いに対応しているところも多いので事前の無料相談の時に相談しておくようにしましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ