借金の保証人

保証人になっていると

保証人になっていると

金融機関からお金を借りる場合に保証人を用意しなければならないケースがありますが、保証人というのはお金を借りた場合に返済することができなくなった際に代わりに借金を返済してくれる人のことです。

 

数億円という単位のお金を借りた場合に借金を返済することができなくなった際に残りの金額は保証人の返済義務になってしまうわけですが、自分で作った借金ではなくても自分が作った借金であるかのように金融機関は取り立てをします。

 

この場合は保証人も債務整理をするケースが多いのですが、債務整理をするとブラックリストに名前が載って新しくお金を借りることができないなどのデメリットもあるので慎重に考えたいものです。

 

債務整理のデメリットはブラックリストだけでなく所有物が没収の対象になってしまうというもので、これについては自己破産で債務整理をするケースに限られますが、特定調停や個人再生でも返済が滞ってくると財産が没収されることになります。

 

債務整理が必要になる状況にならないためにも最初から保証人にならないことが大切で、最近は保証人不要のローンも増えているため、このようなローンを利用してもらうことを促すことも大切です。

 

借金が人間関係を破綻させてしまうと言われているように個人間の借金はもちろんのこと仲が良くても簡単に保証人へサインをしてしまわないようにすることも大事になります。

 

 

また、借金をする立場になる場合も保証人が不要なローンを利用するようにしましょう。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ