借り換えローンで金利減

借り換えローンで金利減

借り換えローンで金利を減らす!

金利を減らす???

 

債務整理をすることになるきっかけのローンとして多いのが住宅ローンですが、住宅ローンは個人が利用するローンの中ではもっとも高額なお金になり、毎月の返済額が10万円を超えることも珍しくなく、完済するまでの月日は最長で35年を超えてくることもあります。

 

また、債務整理のデメリットとして自己破産をすると住宅が没収になるのでせっかくお金をかけて購入した住宅を手放す必要が出てくることや新しくローンを組むことができなくなります。

 

個人再生による債務整理についても住宅ローンには適用されないというデメリットがあるので、住宅を残したい場合は他の方法で借金問題を解決していく必要が出てきます。

 

債務整理のデメリットとよく言われているのが新たにお金を借りることができなくなることですが、将来的に何かの理由でローンの利用が必要になるかもしれないということを考えるとできるだけ債務整理は避けて考えたいものです。

 

そこでおすすめするのが住宅ローンの借り換えサービスで、今は住宅ローンの金利がどんどん下がっているので借り換えによって数万円という単位の費用を節約することができる可能性もあります。

 

借り換えを利用する場合の注意点としてはできるだけ金利が低いところを選ぶことが大切ですが、借り換えにおいて手数料がどれくらいかかるかということも調べておく必要があります。

 

また、借り換えローンも審査を受けることになるので場合によっては借り換えが難しいこともあります。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ