債務整理のデメリット

財産が没収されるデメリットがある

財産が没収されるデメリットがある

自己破産をすることのデメリットに所有財産の没収がありますが、自分でローンを利用してお金を借りておいて返済することができなくなったので借金を帳消しにして欲しいというのが自己破産であるため、それで財産が没収されないのはムシが良すぎる話しでもあります。
したがって、借金を帳消しにしてもらう上で財産が没収されてしまうという自己破産のデメリットは受け入れるべきことでもありますが、すべての所有物が対象になるというわけではなく生活に必要な必需品については対象外となるので着用する服が無くなってしまうようなことはありません。

 

また、家具や家電などについても20万円を超えない範囲の所有物であれば没収の対象範囲にならず、預金についても20万円以下であれば生活を再建するための費用として使用することができます。
絶対にしてはいけないのが財産を隠すことで、仮にその場を隠し通せたとしても定期的に調査が入り、財産隠しをしていたことが知られてしまうと自己破産が無効になってしまうことになるので注意する必要があります。

 

また、安定した収入がある場合や見込める場合はデメリットが多い自己破産を選択するのではなく個人再生がおすすめで、これだと借金を減額することができて財産は没収の対象になりません。
ただし、住宅ローンを利用していて借金の返済が難しくなっている場合は個人再生の対象範囲外となる可能性があるので住宅の任意売却などが必要となってきます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ