債務整理のデメリット

職業制限のデメリットがある

職業制限のデメリットがある

住宅を購入するための住宅ローンや新しく車を購入するために必要となるマイカーローン、他にも学校に通うために必要となる学資ローンなど銀行や消費者金融などで利用することができる便利なローンはたくさんあります。
これらのローンは利用すると返済の義務も当然ながらついてくるわけですが、借りたものの途中で収入が無くなることや支出が増えるなどの理由からローンの返済が厳しくなってしまうこともあります。

 

 

その場合に自力で返済することができない場合は債務整理という方法で借金整理を進めて行くことになりますが、債務整理をすることのデメリットは多くあるので事前にきちんと知っておく必要があります。
債務整理のデメリットの一つにブラックリストに名前が入って新しくお金を借りることができなくなるということがありますが、これについては自己破産だけでなく他の債務整理についても共通していることです。

 

 

自己破産特有のデメリットになってくるのが職業制限で、旅行業者や警備員、損害保険代理店など信用を重視とする職業にはつけなくなるため、これからこの業界で働こうと考えている場合は注意が必要です。
金融機関からお金を借りる場合は誰しも借金を返すことができないということを考えて借りる人はいないと思いますが、借りる場合は常に危機感を持つことが大切で借りたお金はきちんと返済しないといけないお金であるということを意識して返済を進めて行くようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ