債務整理のデメリット

個人再生は手間や時間がかかるデメリットがある

個人再生は手間や時間がかかるデメリットがある

個人再生をすることでこれまで抱えていた借金問題を解決することが可能になりますが、多額の借金をしていても借金の一部を減額してもらうことができるため、借金の額によらず借金問題の解決が可能になります。
個人再生は手間や時間がかかってしまうデメリットがありますが、裁判を通しての借金整理になるので時間がかかるのは致し方ないことであり、費用については多重債務の状態だとそれぞれの金融機関との交渉が必要になるので借り入れ件数に比例して費用も高くなってしまいます。
ちなみに個人再生と自己破産の違いは借金を放棄するかどうかの違いですが、自己破産の方が個人再生による債務整理よりもデメリットは多くなってきます。

 

また、自己破産をしてしまうと自己所有している住宅は没収の対象となってしまうので住む家を失ってしまうことになりますが、個人再生については住宅の没収は対象範囲外となるので自宅を手放すことなく借金問題解決を進めていくことができます。
借金の状況によっては個人再生をすることができない場合もあるので注意する必要がありますが、自分がどの債務整理なら可能なのかについては法律事務所の無料相談を利用することで知ることができます。

 

 

また、収入があるのと無いのでは債務整理の方法もかなり変わってくることになり、個人再生については継続して安定した収入があることが債務整理をする上での前提となってくるという点にも注意しなければなりません。

ホーム RSS購読 サイトマップ