債務整理のデメリット

借金免除にならない可能性があるデメリット

借金免除にならない可能性があるデメリット

債務整理の中で任意整理や個人再生ではどうにもならないという場合に最後の頼みの綱になるのが自己破産ですが、自己破産だけが唯一借金を完済しないで借金整理をすることができる方法となっています。
自己破産をすることのデメリットは新しくローンを利用することができなくなることや信用が必要な職業に就くことができなくなること、他にも住宅や車などの財産が没収されてしまうことがありますが、これまで金融機関から幾度となく催促や取り立てを受けてきたのであればすべてを失って再起を目指した方がいいこともあります。

 

気をつけないといけないのは自己破産をしても必ず借金問題が解決するとは限らないという点で、免責不許可事由についてきちんと調べた上で自己破産の手続きを進めて行く必要があります。
ちなみに自己破産のデメリットとしてスマホを契約することができないと言った声も多くありますが、自己破産をした後であれば自分が仕事をして稼いだお金を使ってスマホを所有することも問題なくできます。

 

 

自己破産の免責事由となるケースで多いのが所有している財産を隠すケースで、これをすると一発で自己破産が無かったことになってしまいます。
また、ギャンブルや浪費などによって借金を作ってしまった場合についても免責を受けることができないケースがあり、他にも詐欺的な借り入れのように犯罪性が見られる借金問題に対しても適用されないので十分に気をつける必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ