借金が免除されないデメリット

借金が免除されないデメリットがある

借金が免除されないデメリットがある

任意整理をすることのデメリットとして借金が免除されないというデメリットがありますが、特定調停や個人再生であれば借金の一部を免除した上で借金の返済を進めて行くことができるので借金の金額が多い場合でもメリットがあります。

 

 

 

そのため、任意整理をする場合は借金の総額ができるだけ少なくてなおかつ借りている先が少ないほどおすすめですが、他の債務整理のように裁判を通しての手続きが不要になるのでかかる時間やコストが少ないという点ではメリットになります。

 

 

任意整理は自分ですることも可能ですが、金融機関側にとっては貸したお金が全額そのまま利息も含めて戻ってくるのが望ましいので、すぐには応じないところも少なくなく法律事務所などに相談して代行で交渉してもらう方が良い場合もあります。
債務整理のデメリットとしてよく言われている財産が没収されてしまうという点については没収されないので不安視する必要はありませんが、任意整理が終わった後に借金の返済が滞るような場合は財産が没収の対象になる可能性もあるので注意が必要です。

 

 

 

安定した収入があることが任意整理の条件になってきますが、収入があって借金の総額もそこまで多くない場合はリスクを被って債務整理をするよりもおまとめローンや借り換えローンを利用した方が良いケースもあります。
また、借りた期間がかなり前の場合は過払い金請求をすることによって手元に戻ってくるお金がある可能性も。あります

ホーム RSS購読 サイトマップ