個人再生

個人再生について

個人再生について。

気持ちにゆとりを持って

 

任意整理のデメリットはブラックリストに名前が載ってしまうという点ですが、リストに名前が載ってしまうことによって新しくローンを組むことができなくなることやクレジットカードを作成することができなくなってしまいます。

 

これだけでかなり債務整理をすることのデメリットは大きいように感じると思いますが、債務整理の中では初期の段階になるので、他の債務整理になってくるとさらにデメリット部分は大きくなってしまうことからメリットとデメリットのことを知っておく必要があります。

 

任意整理をすることが難しい場合は個人再生が選択肢になりますが、任意整理と根本的に異なっているのは借金の総額を減らすことができるという点で、任意整理だと借金の返済スケジュールを見直すことになるため借金そのものを減らすことはできません。

 

そのため、借金の金額が一定以上になってくると個人再生を勧められることになりますが、裁判を通して借金整理をすることになるので費用がかかってくることや時間がかかってくるなどのデメリットもあります。

 

任意整理であれば自分で交渉をして話しを進めて行くことも可能ですが、個人再生になってくると自分の力だけでは難しい部分もあるので弁護士や司法書士などに依頼して話しを進めて行くのが一般的となります。

 

設定されている金額などはそれぞれの法律事務所によっても変わってくるので、あらかじめ法律事務所の情報をきちんと調べておくようにしましょう。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ