債務整理のデメリット

任意整理とは?

任意整理とは?

借金問題を解決するための方法の一つに任意整理という方法がありますが、している借金の金額を変えることなく借金返済をすることができるもので他の債務整理に比べるとデメリットが少ないのも特徴です。

 

 

基本的に金融機関と交渉をして返済スケジュールの見直しなどをしてから借金返済という形に移行することになります。
自分の力だけで金融機関と交渉をして借金整理に向けた話しをつけることもできますが、金融や法律に対して十分な知識を持っている弁護士や司法書士に依頼する方が確かです。

 

 

 

任意整理をするデメリットとしては借金の総額が減るわけでないので一定以上の借金をしている場合だと難しいことや最近は法律の専門家を
もってしても任意整理の手続きの応じないところが増えています。
複数の金融機関からお金を借りている場合はそれぞれの金融機関との交渉が必要になりますが、依頼する場合は一件に対しての金額設定にしているところが多いので複数あるとそれだけ依頼するにあたって費用がかかることになります。

 

 

個人再生のように借金の総額が減るわけではないので依頼料がかかってくるということはそれだけ直接的に金銭的な負担が増えてしまうことになります。

 

 

 

債務整理はデメリットもありますが、一定以上の借金を抱えてしまっている場合は他の借金整理をするよりもメリットが多いこともあるので、借金の状況や収入の状況に応じて抱えている借金に対する整理を検討していくことが必要となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ