ブラックリストに載るデメリット

ブラックリストに名前が載るデメリットがある

ブラックリストに名前が載るデメリットがある

金融機関からお金を借りようとする場合に安定した収入があってなおかつ年齢的な条件をクリアしていれば借りることができる条件を満たしている場合がほとんどですが、問題無くお金の借り入れができると思っていても実際に申し込みをすると借りることができないというケースもあります。

 

 

この場合に考えられるのが過去に金融機関からお金を借りたことがあって金融トラブルを起こしてしまっているケースで、金融トラブルを起こすとブラックリストに名前が載ってしまいます。
金融機関はローンの申し込みに対する審査をする場合にブラックリストの情報についても照会して調べるのが一般的となっていますが、ブラックリストは金融機関のタイプによらず共有されるため、銀行で金融事故の履歴があった場合に消費者金融で借りようとする場合も借りることができません。

 

 

債務整理をするデメリットの一つにもなりますが、任意整理であれば5年程度でリストから名前が除外されるのでこれからであれば新しくお金を借りることができる可能性もあります。

 

 

他にも債務整理をするデメリットとして官報に名前が載ってしまうなどがありますが、これについては任意整理では対象外となるので、官報に名前が掲載されるデメリットというのはありません。

 

 

 

任意整理は借りている先が複数になってくると個別の交渉になるので時間がかかるという点に注意が必要で、弁護士や司法書士選びも慎重に行うようにしましょう

ホーム RSS購読 サイトマップ